Air Jordan 11 Retro Low IE Bred/エア ジョーダン 11 レトロ LOW IE 919712-023

エア ジョーダン 11 レトロ LOW IE

エア ジョーダン 11の25周年記念モデルの最終章として、1995年の仕様を忠実に再現したOGのブラック&レッドのエア ジョーダン 11 LOW IEが帰ってきました。

このモデルは、本革とメッシュのアッパー、成型ソックライナー、カーボンファイバー製のシャンクプレートを採用し、ヘリンボーンのラバーアウトソールとのコントラストが特徴的です。このシューズは、OGパッケージで販売されます。

7/15更新 画像を追加

Release:2021年
Name:Air Jordan 11 Retro Low IE/エア ジョーダン 11 レトロ LOW IE
Price:n/a
Color:ブラック/ホワイト/トゥルーレッド
Code:919712-023

NIKEオンラインストアリンク

919712-023

各販売ショップ/楽天/yahoo/検索/etc..

919712-023/919712-023

StockX

GOAT

Amazon-KICKS

IG:zsneakerheadz

■エア ジョーダン 11

1995年「フォーマルシューズのようなシンプルなシューズが欲しい」というジョーダンのリクエストから、それまでレザーが一般的だったバスケットシューズのアッパーに、エナメルレザーとナイロンメッシュを採用。

ソール全体をクリヤーラバーとするなど、斬新なデザインはストリートでも高い支持を受け、同時期に発売されたランニングシューズ、「エア マックス95」とともに日本でのスニーカーブームを牽引する一足となった

毎年オールスターの時期にお披露目されるのが恒例だったAJシリーズだったが、ジョーダン11は95年のプレーオフで登場し話題を呼んだ。当初デビューしたジョーダン11は、白のナイロンメッシュに黒のエナメルレザーの配色で、プレーオフでは黒ベースのシューズで統一していたチームの規定に反していたことから、リーグの罰金の対象となった。急遽ナイキはジョーダンの主演映画「スペース ジャム」で使用予定だった、黒ベースに青のアクセントが入ったジョーダン11を支給した。

のちにそのまま映画の作品名を採って「スペース ジャム」と呼称されるこのカラーは、精悍なカラーリングからファンの注目を浴びたが、オリジナル発売時にはリリースされず、2000年にジョーダン11が復刻した際に初めて発売された。

この95年のプレーオフでジョーダンが着用したジョーダン11のみ、かかとに「45」のナンバリングが施されていたが、すでにジョーダン自身は背番号を23番に戻した後だったため、製品発売時には「23」に変更された。

翌96年にはジョーダン2以来9年ぶりにローカットがリリースされた。一般に市販されたローカットはアッパーのデザインをハイカットから大きく変更したもので、通常のレザーを採用し、メッシュを多用したものだった。また、ジョーダンは製品版のローカットとは別に、ハイカットのデザインをそのままローカットにした特別モデルを着用したこともあり、こちらも2001年に復刻した際に初めて市販された。

2011年12月23日に発売された復刻モデル「エア ジョーダン11 レトロ コンコルド(2011年モデル)」は発売日に購入希望者が殺到し、北米一部店舗で店舗破壊や発砲、大規模なケンカ等、逮捕者まで生する暴動寸前の騒動となった

フォローする