UNION x AIR JORDAN 4 RETRO SP 30th ANNIVERSARY/ユニオン x エア ジョーダン 4 レトロ SP 30th アニバーサーリー

ユニオン x エア ジョーダン 4 レトロ SP 30th アニバーサーリー

UNION30周年を記念したモデルとされるユニオン x エア ジョーダン 4 レトロ SP 30th アニバーサーリー画像が公開されました。

昨年夏に販売されたエアジョーダン4コラボをベースとしたモデルでグレーを基調としたカラー、つま先はメッシュ、アッパーにはスエードのような素材、ライニングにはブルー系カラーを採用。タン「AIR JORDAN」のラベルが、ヒールには往年ファンが好むNIKE AIRのロゴが。付属品のハングタグにはUNION黎明期のメインアイコンとして使用されたグラフィックであるフロントマンがあしらわれています。

本物かは不明 /サンプル品、もしくはフレンド&ファミリーモデルかもしれません。

5/10更新 画像を追加

6/9更新 発売日を追記 

6/15更新 オフィシャル画像を追加

6/17更新 発売日を追記 SNKRS抽選

Release:2021年6月26日午前9時 SNKRS抽選
Name:UNION x AIR JORDAN RETRO 4 SP/ユニオン x エア ジョーダン 4 レトロ SP
Price:26,950円
Color:デザートモス/ダークアイリス/ライトボーン/ターコイズブルー トープヘイズ/ブルーフューリー/カーキ/ロマグリーン
Code:DJ5718-300 DJ5718-242

NIKEオンラインストアリンク

UNION限定カラー

DJ5718-242

各販売ショップ/楽天/yahoo/検索/etc..

DJ5718-242/DJ5718-242

StockX

GOAT

Amazon-KICKS


販売店舗/抽選

UNION TOKYO  応募締め切り 2021年6月21日(月)午前9:59まで ※要会員登録 詳細はリンク先をご確認ください。

DJ5718-300

各販売ショップ/楽天/yahoo/検索/etc..

DJ5718-300/DJ5718-300

StockX

GOAT

Amazon-KICKS

UNION LAのオーナーのクリス・ギブスいわく、バスケットボールカルチャーは、ストリートウェアにダイレクトに影響し、この2つには深いつながりがある。だから、現在進行中のJordan x UNIONのコラボレーションの最新作にも、この思想が反映されているのも当然だ。Jordanならではの雰囲気と情熱を秘めたアイテムが、アリーナの枠を超えて誕生。広告、音楽、ストリートスタイル、そして試合で生まれた魔法のような瞬間が定義する、80年代後半と90年代初頭をフルスケールでとらえている。

エア ジョーダン 4をスタート地点とし、創意と素材にこだわったコレクションについて、ギブスはこう説明する。「スエードとメッシュを組み合わせたかったから、それに最適な素材を必死で探しましたよ。スエードは、かなり厚い贅沢なスエードを使った他のギアからヒントをもらって、メッシュは、80年代のスニーカーで使われていたような正統派のメッシュが希望でした」。完成したのは、4代目のMJシグネチャーのシルエットを前衛的にアレンジしたシューズ。さまざまな場面で新天地を切り開いていく一足だ。

■フロントマン

UNION黎明期のメインアイコンとして使用されたグラフィック、FRONTMAN。諸般の事情でここ数年は使用されてこなかったこの傑作トレードマークが、生誕30周年を迎える今年、満を持して復活する。だがこれまでUNIONは、このFRONTMANのモチーフが何なのか、あえてその出自を公に語ってこなかった。だからこそ、その正体を巡って、ファンの間ではさまざまな憶測が飛び交った。ある人はダンサーのムーブだと考え、またある人はスケーターのトリックシーンだと推測した。頭上に乗ったリング(HALO)から、天使の姿だと認識していた人も多いだろう。そんな見るものに想像の余地を残す曖昧さを、UNIONは好意的に捉えてきた。しかし30周年というこのビッグアニバーサーリーに合わせて、ここで遂にその出自を明かす。実はこのグラフィックは、初期クルーで盟友のひとりSUNG CHOIによるデザインであり、1950年代にアフリカ系アメリカ人の女性劇作家としては初めてブロードウェイで作品を上演したLORRAINE HANSBERRYによる名作、『A RAISIN IN THE SUN』の映画版初期ポスターからインスピレーションを受けた作品。つまりこのFRONTMANは、今から60年以上前に黒人の葛藤とプライドをテーマに描いた、ブラックカルチャーにおける革命的作品をモチーフとしていた。当時のUNIONが何故このグラフィックをトレードマークに起用したのか。その意味を、いま改めて考えてもらいたい。 ※UNIONより

フォローする