NIKE DUNK LOW/ナイキ ダンク LOW DJ4636-100

ナイキ ダンク LOW FLIP THE OLD SCHOOL

2021年に入ってハイペースでリリースされているダンクシリーズから新たな一足。賛否両論ありそうなこの野心的デザインのダンクはアッパーにグラフィックが書かれた包装紙でコーティングされている。紙を剥がすとパープルカラーのアッパーにグレーのオーバーレイと一見シンプルなカラーリングだが、サイドにあしらわれたスウッシュが上下逆に付けられているのがわかる。また左右でカラーの違うシュータンに施されたナイキタグ”FLIP”から来るように左タンのロゴはひっくり返し/反転状になっている。インソールには包装紙にも描かれていたストリート上でダンクを履いた人の脚がプリントされています。ウィメンズモデル

国内での販売は不明、販売がある場合は@snkrslabにてツイート及び記事に追記します。

3/23更新 発売予定日を追記

4/28更新 発売日を更新

Release:2021年 4月1日午前9時 予定。 ⇒ 5月12日午前9時 SNKRS内部抽選
Name:NIKE DUNK LOW/ナイキ ダンク LOW
Price:14,300円
Color:グレー/パープル
Codev:DJ4636-100

スポンサーリンク

NIKEオンラインストアリンク

DJ4636-100

各販売ショップ/楽天/yahoo/検索/etc..

DJ4636-100/DJ4636-100

StockX

GOAT

Amazon-KICKS


atmosアプリ抽選

1999年にデビュー、2011年に人気が再熱。そして2021年に反転バージョンで登場する今シーズンのダンク LOW SEをチェックしよう。City Attackパックで初めて披露されたアイコン的存在のシューズに、その豊かな歴史を物語る薄紙の外装を新たにプラス。この表面を剥がすと、カラーを大胆に反転させたアッパーが現れるというサプライズを採用。逆さまになったスウッシュロゴ、エンボス加工を施したオーバーレイでさらに意外性を演出。

■ナイキ ダンク

1980年代半ばの全米大学バスケットボールリーグの隆盛を背景に、スクールカラーでアッパーを配色したナイキダンクが誕生する

白ベースが主流だった当時の選手の足元でナイキダンクはチームモデルの意義を唱えた。生産終了後はスケートボーダーやヴィンテージコレクターの間で支持され、1999年には復刻版が登場する。

以来、現在に渡るまで多種多様なバリエーションやコラボレーションモデルを販売、スケート仕様のナイキダンクプロSBと共にコラボレーションも加速する内、いよいよ不動の人気を確立した。

ナイキダンクはいまやスニーカーカルチャーを象徴する存在として世界各国で広く親しまれている。

スポンサーリンク